普天間基地移設の裏で蠢いた有象無象の紳士たち 馬毛島も移設先候補に一時浮上、その顛末とは

印刷
A
A

民主党の鳩山政権時代に浮上した沖縄の普天間基地の県外移設問題。移設先候補の1つに浮上したのが立石勲氏が保有する馬毛島だった。

2010年5月、沖縄県の仲井真弘多知事(当時、手前右)と会談する鳩山由紀夫首相(同、手前左)(写真:時事)

特集「馬毛島秘録」の他の記事を読む

2009年7月、衆議院の解散を目前に控え、民主党代表(当時)だった鳩山由紀夫は遊説のため沖縄に入った。総選挙ともなれば、民主党の政権奪取は確実視されていた時期である。高揚感を覚えていたはずだ。

民主党公認の玉城デニーを応援するために向かった沖縄市民会館では、会場のホールは満席で立ち見も出るほどだった。大勢の聴衆を前に鳩山はこう語った。

「アメリカと日本の政府がまとめたものを何も変えてはならないということは、違うのではないか。辺野古には私も行ったが、あんな美しいところに滑走路を造るという発想が、どうしてもストンと落ちない」

そして、後に大きな波紋を呼ぶ発言が飛び出した。

「最低でも県外の移設に皆さん方がお気持ちを1つにされておられるならば、その方向に向けて積極的に行動を起こさなければならないと思っている」

いわゆる「最低でも県外」発言である。

普天間問題で足をすくわれた鳩山政権

そもそもこの発言は、衆議院の解散を前に鳩山が勢いで口を滑らせたのではない。今となっては鳩山1人に責任を押しつけている感があるが、県外移設は民主党の党是でもあった。2005年8月に発表された「民主党沖縄ビジョン【改訂】」にはこうある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内