「抗体カクテル療法」が期待される根本理由 入院患者だけでなく外来診療でも投与が可能に

印刷
A
A
コロナの感染拡大がやまず、緊急事態宣言の対象地域に追加されるところが増えている(編集部撮影)

新型コロナウィルスの感染拡大が収まらない中、「抗体カクテル療法」がにわかに注目を集めている。これは新たなコロナ治療薬として2021年7月に承認された「ロナプリーブ」のことだ。

その印象的なネーミングもさることながら、医療現場での活躍が期待されている。以下のポイントに絞って抗体カクテル療法を解説していこう。

①「抗体カクテル」とは?
②コロナにどれくらい効くのか?
③陽性患者は誰でも治療を受けられるのか?
④薬はどこの病院にもあるのか?
⑤抗体カクテル以外に有効な薬はあるのか?

 

①抗体カクテルとは?

体内でのウイルス増殖を抑えるため、それぞれ別の働きをする2つのタイプの抗体がブレンドされていることが「カクテル」というネーミングの由来。抗体が2つあることで、ウイルスに変異が起こっても効果をキープしやすいのが特徴だ。

各自治体で進められているファイザーやモデルナのワクチン接種とは違い、抗体カクテルは静脈に注射し、およそ1時間かけて点滴を行う

これまでに承認されたコロナ治療薬は3種類(レムデシビル、デキサメタゾン、パリシチニブ)あるが、今年7月に承認されたロナプリーブはこれらと大きな違いがある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内