有料会員限定

揺れる金融市場のこれから ビットコイン急落!ウッドショック!

印刷
A
A

最大の注目点は、米国のインフレと金融政策の行方だ。

パウエルFRB議長の慎重姿勢はいつまで続くか(The New York Times/Redux/アフロ)

特集「激動相場に勝つ!株の道場」の他の記事を読む

バブル崩壊?

「この1年に多くの人が株式市場という“カジノ”に参入した」と語るのは、米著名投資家のバフェット氏だ。

新型コロナウイルスのパンデミックが宣言された昨年3月以降、世界経済は激変した。昨年4~6月期の先進国経済は年率マイナス30%を超す大恐慌以来の落ち込みを記録し、株式市場は暴落した。だが、各国は空前の規模の財政出動と金融緩和で対応。世界経済は米中主導で急回復し、株価もコロナ前を大きく上回った。

世界をリードする米国では、実質経済成長率が2020年のマイナス3.5%に対して21年には7%前後に達するという見方が増えている。金融市場の中心的リスクは、ワクチン接種の進行もあり、今や「コロナ禍」よりも、経済過熱による「資産バブル」「インフレ」「量的緩和の縮小」となっている。問題は、それらがどこまで深刻なのかだ。

広がるバブルの兆候

米国では資産バブルの兆候がすでに数多い。IT・環境関連株の多くがPER(株価収益率)数十倍以上まで高騰。SNS(交流サイト)上の話題をきっかけに個人デイトレーダーが結託し、業績に関係なく買い上げて株価が急騰する「ミーム銘柄」も続出している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激動相場に勝つ!株の道場
トヨタ株は1万円超えへ?
需給3|大規模な買い手は株価にプラス
需給2|ロスカットのタイミングを探る
需給1|株価チャートでわかる
私はこうして儲かりました
最高値更新が続く米国株投資で勝つ
テーマ2|買収プレミアムで株価上昇
テーマ1|国家予算の恩恵を受ける企業を先回り
『会社四季報』使いこなし術
『株式ウイークリー』編集長が厳選
四季報ランキング7
四季報ランキング6
四季報ランキング5
四季報ランキング4
四季報ランキング3
四季報ランキング2
「業績」で “いい株" 選び 最新!四季報ランキング
『会社四季報』元編集長が指南
個人投資家3000人アンケート
ビットコイン急落!ウッドショック!
強気派に聞く 相場はこれからどう動く?
慎重派に聞く 相場はこれからどう動く?
激動相場に勝つ! 株の道場
『会社四季報』夏号先取り
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内