有料会員限定

ついに「死の谷」越えるか がん新治療の薬承認で活路 【4582】シンバイオ製薬

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小

上場10年、黒字化への最後のピースを得た。抗ウイルス薬市場も狙う。

(撮影:今井康一)

10年で「死の谷」を越えるか──。2011年10月の上場以来、10期連続で赤字となってきた創薬バイオベンチャーのシンバイオ製薬は、21年12月期に黒字転換する見通しを発表した。昨年末に300円台半ばだった株価は年初から上げ足を速め、3月には一時1713円の高値をつけた。

一般に、ベンチャー企業は事業を軌道に乗せるまでに経費が先行する苦しい時期、いわゆる「死の谷」を経なければならない。資金が尽きれば企業の死=倒産を迎える。中でも創薬バイオベンチャーは多額の研究開発費用と長期の治験期間が必要だ。黒字化までの「死の谷」はより深く厳しい。

シンバイオが上場初年度の11年12月期から直近の20年12月期までに計上した純損失の累計は267億円にも及ぶ。しかし今21年12月期の純益は11億円の黒字に転換する見通し。同社は中期経営計画を発表しており、翌22年12月期は同14億円、さらに23年12月期は同17億円と右肩上がりの利益拡大を見込む。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内