有料会員限定

ついに「死の谷」越えるか がん新治療の薬承認で活路 【4582】シンバイオ製薬

印刷
A
A

上場10年、黒字化への最後のピースを得た。抗ウイルス薬市場も狙う。

(撮影:今井康一)

10年で「死の谷」を越えるか──。2011年10月の上場以来、10期連続で赤字となってきた創薬バイオベンチャーのシンバイオ製薬は、21年12月期に黒字転換する見通しを発表した。昨年末に300円台半ばだった株価は年初から上げ足を速め、3月には一時1713円の高値をつけた。

一般に、ベンチャー企業は事業を軌道に乗せるまでに経費が先行する苦しい時期、いわゆる「死の谷」を経なければならない。資金が尽きれば企業の死=倒産を迎える。中でも創薬バイオベンチャーは多額の研究開発費用と長期の治験期間が必要だ。黒字化までの「死の谷」はより深く厳しい。

シンバイオが上場初年度の11年12月期から直近の20年12月期までに計上した純損失の累計は267億円にも及ぶ。しかし今21年12月期の純益は11億円の黒字に転換する見通し。同社は中期経営計画を発表しており、翌22年12月期は同14億円、さらに23年12月期は同17億円と右肩上がりの利益拡大を見込む。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内