JR九州、「大胆経営」に漂い始めた暗雲 裏目に出た積極経営

印刷
A
A
JR九州の最新の観光列車「36ぷらす3」(記者撮影)

特集「鉄道異変」の他の記事を読む

他社に先駆けて豪華列車「ななつ星in 九州」を導入したり、不動産をはじめとした非鉄道事業を強化するなど、大胆な経営で業績を伸ばしたJR九州。2016年には株式上場にこぎつけたが、同社のその積極姿勢がコロナ禍で裏目に出ている。

2017年に大々的に投入を発表し、2020年に完成した新型高速船「QUEEN BEETLE(クイーンビートル)」は就航できない状態が続いている。

同社傘下のJR九州高速船は、福岡市の博多港と韓国・釜山を結ぶ日韓航路に高速船「BEETLE(ビートル)」を3隻運航している。このうち1隻をクイーンビートルに置き換える計画を2017年に構築。当時、日韓航路は格安航空会社(LCC)の攻勢にさらされていた。

LCCとビートルは値引き合戦を繰り返していたが、JR九州は価格競争からの脱却を目指し、移動時間を優雅に楽しむことを目的としたクイーンビートルの建造に着手した。内装に趣向を凝らした設計で、建造費用は約57億円。ななつ星のおよそ2倍の金額だが、ななつ星の成功体験がこの計画を後押しした。

日韓冷え込みとコロナが直撃

しかし、タイミングが悪かった。日韓関係の急速な冷え込みから2020年3月期に利用者が急減。そこへ新型コロナウイルスの感染拡大が拍車をかけた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内