有料会員限定

「デジタルスーパー」が変える小売り勢力図 アマゾンは調剤薬局へ参入 小売業界全体のDXが急務

印刷
A
A
米ウォルマートの店舗ではネット注文した商品を店頭のロッカーで受け取れる

新型コロナウイルスの感染者数が過去最多の水準となり、再び予断を許さない状況にある。この状況下で最も深刻な打撃を受けるのが、ネットやアプリを活用できていない小売業だ。

そんな中、楽天と米投資ファンド大手のKKRが共同で、米ウォルマート傘下の国内スーパー・西友の株式を取得するというニュースが飛び込んできた。楽天が20%、KKRが65%を出資する。

ウォルマートは米国の中でもDXの模範といえる企業だ。創業60年で世界最大の雇用主といわれる規模を誇る。小売業界の同業が次々と経営破綻となったり、店舗網を縮小したりする中、株式時価総額はいまだに世界10位前後で踏ん張っている。かねてシリコンバレーにオフィスを構え、ベンチャーを積極的に買収するなど、着実にテクノロジーを取り込んできた努力が実を結んでいる。社内の研究開発と外部の知恵を取り込むためのベンチャー投資を両立させ、スタンフォード大学のオライリー教授が提唱する「両利きの経営」を実践している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内