有料会員限定

「クラウドゲーム」で変わる業界の序列 次のプラットフォームを予測しコンテンツ戦略を練るべきだ

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
米アマゾンが9月に発表したクラウドゲームサービス「ルナ」は月額約600円

世の中がDXの大波にさらされる中、デジタル技術に支えられてきたゲーム業界も大きな変革期にある。その火付け役が「クラウドゲーム」だ。米グーグル、米マイクロソフトに続き、9月には米アマゾンが参入を発表した。

11月12日に発売が迫るソニーの「プレイステーション5」のように、これまでのゲームはパッケージソフトを購入するか、一度スマートフォンなどにダウンロードしなければプレーできなかった。しかしクラウドゲームは、ネット経由でストリーミング配信される。ゲームの画像処理やデータの保存はクラウド側で行われるため、ゲーム機は必要ない。

注目すべきは、参入企業が3社とも世界規模のクラウドベンダーということだ。データセンターでの高速処理と低遅延のネットワークが必要になるため、自前のインフラを持っていなければ展開が難しいのだ。例えばグーグルのクラウドゲームサービス「スタディア」では、ゲームを配信するクラウドとプレーヤーとの間に小規模のデータセンターのような処理設備を設置することで、配信速度を強化している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内