有料会員限定

最新の9月決算データで徹底分析、やばい地銀はここだ! Part2|薄氷の経営

印刷
A
A

最新の中間決算でランキングを作成、危うい地銀をあぶり出す。

(kasahasa/PIXTA)

特集「地銀 最終局面」の他の記事を読む

「一口に経営統合といっても、前向きなものばかりじゃない。むしろ、これから増えてくるのは後ろ向きの統合だ」と、ある地方銀行関係者は指摘する。

前向きな統合とは、体力のある地銀同士が一緒になり、統合効果を見いだそうとするもの。一方で後ろ向きの統合とは、単独では生きていけなくなった地銀を体力のある地銀が吸収する“救済型”の統合だ。

救済型の統合が増えると予想されるのは、今後、地銀の業績がますます悪化するから。もちろん、その原因となるのは新型コロナウイルスだ。

感染拡大以降、銀行は積極的に企業の資金繰り支援を続け、倒産を防いできた。それができたのは政府の強烈なバックアップがあったからだ。

だが足元では、政府のスタンスも変わりつつある。「これまでは金融庁から『取引先はすべて支えろ』と言われてきたが、最近は『そろそろ選別を始めろ』に変わってきた」。ある頭取はそう明かす。

貸せる先、貸せない先の選別が始まれば、融資が受けられずに倒産する企業はおのずと増えてくる。融資は焦げ付き、貸し倒れが発生する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
地銀 最終局面
エピローグ|本格化する再編時代
銀行員の働き方はこんなに変わった
「年功序列」に代わる「専門性」
Part3|迫られる大変革
自己資本比率のベスト&ワースト
地銀だけではない
インタビュー/東洋大学教授 野崎浩成
Part2|薄氷の経営
合併地銀の事例に学ぶ
自社商品を優先的に勧めると利益相反に
トップアナリストも参戦
インタビュー/SBIホールディングス 社長 北尾吉孝
自社サービス利用地銀に急接近
北陸から九州まで総ざらい
生き残るのは何行か
不祥事で幻に終わった
Part1|土俵際の地銀
地銀再編は何のためか
首相が追い込む崖っぷち
プロローグ|再編を迫る政府と日銀
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内