有料会員限定

追い詰められて待ったなし、大胆予測! 地銀大再編 Part1|土俵際の地銀

印刷
A
A

菅義偉首相の爆弾発言からわずか2日で地方銀行の再編構想が浮上した。

青森県内の経済環境は厳しさを増し、両銀行の将来にも暗雲が立ち込める

特集「地銀 最終局面」の他の記事を読む

「あの記事をリークして書かせたのは、統合に反対しているみちのく銀行の幹部だとの見方がもっぱらだ」

金融当局の関係者が語るのは、青森銀行とみちのく銀行との間で経営統合構想が浮上しているという記事について。両行が2021年春にも資産査定を始め、持ち株会社を設立して経営統合する構想があるというものだ。

この記事が出たのは、菅義偉首相が「地方銀行の数が多すぎる」と発言した翌々日、「再編も1つの選択肢になる」と踏み込んだ翌日というタイミングのよさだった。

しかし、通常こうした記事は、両行が交渉するための委員会を設置したり、取締役会で決議したりといったタイミングで報じられるもの。まだ何も決まっていない生煮えの段階で、“浮上”などという見出しで表に出てしまうのは極めて異例だ。

当局関係者は、「生煮えの段階で漏れれば、さまざまな思惑が交錯して話が潰れるのはよくある話。弱いみちのくが青森に食われるのを恐れ、潰そうと考えたのではないか」と解説する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
地銀 最終局面
エピローグ|本格化する再編時代
銀行員の働き方はこんなに変わった
「年功序列」に代わる「専門性」
Part3|迫られる大変革
自己資本比率のベスト&ワースト
地銀だけではない
インタビュー/東洋大学教授 野崎浩成
Part2|薄氷の経営
合併地銀の事例に学ぶ
自社商品を優先的に勧めると利益相反に
トップアナリストも参戦
インタビュー/SBIホールディングス 社長 北尾吉孝
自社サービス利用地銀に急接近
北陸から九州まで総ざらい
生き残るのは何行か
不祥事で幻に終わった
Part1|土俵際の地銀
地銀再編は何のためか
首相が追い込む崖っぷち
プロローグ|再編を迫る政府と日銀
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内