有料会員限定

支店長が「コンビニ店長」に? 激変する仕事と出世 Part3|迫られる大変革

印刷
A
A

菅発言は再編だけでなく、ビジネスモデルの改革も求めるものだった。

(MicroOne/PIXTA)

特集「地銀 最終局面」の他の記事を読む

今年25歳になった男性はある日突然、システム会社への出向を言い渡された。大学時代も文系で、システムに関する知識などゼロに等しいにもかかわらずだ。毎日、わからないことだらけで、与えられた仕事をこなすだけでやっと。「何で俺が……」と苦悩する日々だ。

戸惑うのも無理はない。彼が3年前に就職したのは、地方銀行だったからだ。融資業務の経験も浅く、これからというタイミング。何か失敗をしたわけでも、問題を起こしたわけでもない。支店での成績もよいほうだった。

「出向時にはっきりとは言われなかったが、融資は儲からないからと、最近銀行が推進しているフィンテック関連の新規事業に関われということなのかもしれない」

とはいえ男性は、「いちばん安定していると思ったから銀行に就職したのに、安定どころか俺の将来はいったいどうなるんだろうか」と不安な毎日を送っている。

この男性のみならず、全国22万人を超える銀行員たちは今、大きな変革の波にのみ込まれている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
地銀 最終局面
エピローグ|本格化する再編時代
銀行員の働き方はこんなに変わった
「年功序列」に代わる「専門性」
Part3|迫られる大変革
自己資本比率のベスト&ワースト
地銀だけではない
インタビュー/東洋大学教授 野崎浩成
Part2|薄氷の経営
合併地銀の事例に学ぶ
自社商品を優先的に勧めると利益相反に
トップアナリストも参戦
インタビュー/SBIホールディングス 社長 北尾吉孝
自社サービス利用地銀に急接近
北陸から九州まで総ざらい
生き残るのは何行か
不祥事で幻に終わった
Part1|土俵際の地銀
地銀再編は何のためか
首相が追い込む崖っぷち
プロローグ|再編を迫る政府と日銀
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内