有料会員限定

EUのコロナ復興基金は規模が小さすぎる 財政規律に縛られているとEUは崩壊へ

印刷
A
A
ブリュッセルで7月代表撮影(2020年 ロイター)

先月の加盟国政府間の骨の折れる交渉の後、EUの指導者たちは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による危機で大きな打撃を受けたEU諸国のための、7,500億ユーロ(8,860億ドル)の救済措置に関する合意に至ったことで祝宴を挙げている。

しかし、シャンパンを開けるのは時期尚早であろう。「次世代のEU」復興基金計画には、その効果を失うだけでなく、ユーロ圏の存在そのものを脅かす2つの大きな弱点がある。

復興基金は規模が小さすぎる

小さすぎることに加えて、次世代のEUファンドには、秩序ある国家債務再編メカニズム(SDRM)など、財政の持続可能性に不可欠な条件が欠けているのだ。復興基金を構成する3,900億ユーロの補助金は、EU27ヵ国の2019年のGDPのたった2.8%にすぎない。そして、この3,600億ユーロの補助金に、「緊急時失業リスク緩和支援(SURE)」プログラムを通じた1,000億ユーロの融資を加えても、合計はGDPのわずか6.1%に過ぎない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内