有料会員限定

『グローバル・グリーン・ニューディール』 『「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末』ほか

印刷
A
A

脱化石燃料の工程を提示、日本は米国にも劣後する恐れ
評者/BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎

『グローバル・グリーン・ニューディール』ジェレミー・リフキン 著/幾島幸子 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

[Profile]Jeremy Rifkin/経済動向財団代表。メルケル独首相をはじめ、世界各国の首脳・政府高官のアドバイザーを務める。米ペンシルベニア大学ウォートンスクールの経営幹部教育プログラムの上級講師。『エントロピーの法則』『水素エコノミー』『ヨーロピアン・ドリーム』『限界費用ゼロ社会』など著書多数。

各国首脳に地球温暖化問題で助言する文明評論家が、化石燃料文明からの脱却の工程を論じた。パンデミックに手一杯で温暖化に対応するゆとりはないと考える人も多いが、近年繰り返されるウイルス危機は、人類が生態系を侵し野生動物を宿主とするウイルスを覚醒させたことが原因で、同根の問題だ。

歴史的に通信、動力源、輸送機構の3つが同時に変わる時、社会は大変革を遂げた。19世紀初頭は、石炭を燃やし蒸気を動力源に生産した商品を蒸気機関車などで輸送し、工業社会が幕を開けた。電信と蒸気機関を使った新聞の大量印刷で、庶民も情報に接するようになる。20世紀初頭は、ガソリンを利用した内燃機関で発電、その電気で大量生産し、自動車による広範囲への輸送が始まった。テレビと電話の時代が始まり、素早い情報取得も可能となる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内