有料会員限定

オムロン立石義雄氏を悼む 1988年に語った「ヒューマン・ルネッサンス」の経営

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
拡大
縮小
2015年の取材にて(撮影:今井康一)

特集「覧古考新」の他の記事を読む

オムロン名誉顧問で、この3月まで京都商工会議所の会頭を務めた立石義雄氏が4月21日、京都市内の病院で亡くなった。今月6日に新型コロナウイルスに感染していることが確認され治療を受けていたが帰らぬ人となった。享年80。
父親が創業した立石電機の社名をオムロンに変更し、グルーバル展開を加速。大企業として成長する中でも「ベンチャー精神」の大切さを訴え続けた。そして、京都発の新しい「知恵ビジネス」の育成にも心血を注いだ。社長就任2年目の編集長インタビュー(1988年12月10日号)を再録し、故人を悼みたい。
「週刊東洋経済」1988年12月10日号より

労働者から創造者へ
人間復興の視点を経営の基本に据える

社長へのレター・キャンペーン、管理職の長期休暇制度など "健康で面白い企業" をめざす立石電機の考え方とは何か。

 

——今年から管理職の長期リフレッシュ休暇制度をスタートさせたことが話題を呼んでいます。

立石 社長に就任してすぐ社内に向けて言ったのは、人、技術、事業、あらゆるものをリフレッシュさせていこう、それによって新しい社会に対応できていくのだ、ということでした。その目玉に何かないかと考えたのです。

——それにしても、管理職に3カ月という休暇はえらく思い切ったものですね。

立石 1カ月では、今までの延長線の中で過ごしてしまうだろうし、6カ月ではちょっと長すぎる。6カ月も休むとリハビリがいるんじゃないかという心配もありました(笑)。それで、1〜3カ月の間で選択できるようにした。内容は自主、自立、自助。要するに仕事を離れたテーマを自分で決め、自分で実行し、費用も自分で負担するという原則を立てたのです。

3カ月も休むとなると、大抵ははたと考え込んでしまうのではないか。それが大きな動機づけになるはずだと。1つの会社の中にいて、みな同じような仕事感、生活感、世界感になっている。どうしてもマンネリが醸成されてきている。だから仕事のうえでも、創造性、チャレンジ性が埋没されがちでした。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
覧古考新
「今の日本は日満議定書における満州のようなもの」
1984年6月9日号、6月23日号より
1953年のロングインタビュー
1984年に小倉昌男社長が語った「将来は流通業」
「客から仕様の注文があったら、もう遅い」
ホンダ創業者が1954年に語った独自の哲学
松下幸之助氏と永野重雄氏の1969年新春対談
1983年8月27日号で語ったサントリーの生き方
1958年5月24日号で語った廉売合戦への危惧
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(上)
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(下)
「自由主義経済の経営理念」とは?
山下社長が1983年7月16日号で語ったこと
「菓子屋が政治的圧力を利用して商売できる時代ではない」
1970年2月28号で語った「東京進出作戦」
1953年9月19日号で語ったドイツとの比較
1965年5月1日号「この人にこの問いを」
日本のハンバーガー文化はここから生まれた
1977年に堺屋太一氏が描いた「組織と個人」
稲葉清右衛門「ついてこれない人はやめてもらって結構」
1985年、ファナック社長が語っていたこと
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内