稲葉清右衛門「ついてこれない人はやめてもらって結構」 1985年、ファナック社長が語っていたこと

印刷
A
A
稲葉清右衛門(いなば・せいうえもん)/大正14年3月5日生まれ。茨城県出身。東京大学第二工学部を昭和21年卒業。同年富士通信機製造入社。47年富士通ファナック(現ファナック)専務、同年富士通取締役、49年ファナック副社長、50年社長に。

特集「覧古考新」の他の記事を読む

富士通から分離して誕生したファナック。社名の「FANUC」は富士通の数値制御装置(Fuji Automatic NUmerical Control)のブランド名。ちなみに、富士通が売っていた汎用コンピューターのブランドは「FACOM」だった。富士通から分離独立することで独自の発展を遂げたファナックを育て上げたのは稲葉清右衛門氏(1925〜)である。1985年(昭和60年)の編集長インタビューでは、「ついてこれない人はやめてもらって結構です」と言い切る。「研究員はおそらく完全にFA化しても、さらにその上に乗っかって働くでしょう。土、日ぐらい休むでしょうけど、研究所の研究員は、研究開発の仕事に生きがいを感じている。日本人が持っている精神的な面を残しておかないと、FAだけ徹底しても国際競争には勝てない」と猛烈経営について率直に語っている週刊東洋経済3月21日号にはファナックに関するリポートを掲載しているので合わせて読んでほしい。

10年たてば〝新日本人〟でも生きがいを感じる会社に

ロボットがロボットを造る会社と言われるファナック。稲葉社長の〝徹底経営〟浸透で高収益をあげる。ただ妥協を許さぬ経営も〝新日本人〟に果たしていつまで通用するか。

 

――ファナックが高収益をあげているのは、稲葉流の〝徹底経営〟によるものだといわれていますが、GM(ゼネラル・モーターズ)との合弁会社でも、その稲葉流を貫徹しているのですか。

稲葉 GMファナック・ロボティックス(GMF)は社長以下ほとんどの社員、幹部がGMからの出向社員ですから、GMの経営をそのままやっているわけです。

ただ、私が会長をやっていますから、経営の考え方については妥協しません。GMFがとっている経営のやり方について、われわれの経営のやり方と少しでも食い違いがあれば、いつも是正してもらっている。もっとも、そうしたトラブルは非常に少ない。これは、ファナックとGMとの経営のやり方がきわめて似ているということかもしれない。

――例えば……。

稲葉 一昨年、そのジョイントベンチャーの一部幹部が、株式を上場することを企画した。だけど、株はGMが50%、ファナックが50%持っているわけですから、どちらかが株を手放さないと、上場することは不可能なんですね。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
覧古考新
「今の日本は日満議定書における満州のようなもの」
1984年6月9日号、6月23日号より
1953年のロングインタビュー
1984年に小倉昌男社長が語った「将来は流通業」
「客から仕様の注文があったら、もう遅い」
ホンダ創業者が1954年に語った独自の哲学
松下幸之助氏と永野重雄氏の1969年新春対談
1983年8月27日号で語ったサントリーの生き方
1958年5月24日号で語った廉売合戦への危惧
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(上)
4男・渋沢秀雄氏が語った大実業家の素顔(下)
「自由主義経済の経営理念」とは?
山下社長が1983年7月16日号で語ったこと
「菓子屋が政治的圧力を利用して商売できる時代ではない」
1970年2月28号で語った「東京進出作戦」
1953年9月19日号で語ったドイツとの比較
1965年5月1日号「この人にこの問いを」
日本のハンバーガー文化はここから生まれた
1977年に堺屋太一氏が描いた「組織と個人」
稲葉清右衛門「ついてこれない人はやめてもらって結構」
1985年、ファナック社長が語っていたこと
1988年に語った「ヒューマン・ルネッサンス」の経営
ラストバンカー西川善文氏を悼む
過去のインタビューを再掲
東大特別栄誉教授・小柴昌俊氏を悼む
2008年の『長老の智慧』インタビューを再掲
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』エズラ・ヴォーゲル氏を悼む
2019年のインタビューを再録
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内