有料会員限定

G20首脳陣に残された道は一つしかない 大きな政策転換が必要に

✎ 1〜 ✎ 490 ✎ 491 ✎ 492 ✎ 最新
拡大
縮小
医療分野への資金投入が不可欠だ(写真:REUTERS/Andreas Gebert)

新型コロナウイルスの被害状況についてG20首脳のテレビ会議形式での協議が3月26日に行われる。急遽開催が決まったこの会談が、現在の危機的状況を脱するために必要な国際協調の始まりであると願いたい。

2009年4月にイギリスの首相、ゴードン・ブラウンが主催したロンドンの首脳会合では世界金融危機への国際的対応策が協議された。今回の会合はそれよりもさらに重大な影響力を及ぼす可能性が高い。

投資対効果2000%にもなる対策

イギリスの薬剤耐性(AMR)国際報告書の作成に携わった私の経験則から言えば、感染症数理モデル、経済分析、医学的根拠に基づく解決策、これら最重要事項3点を融合させた取り組みを改めて徹底して行う必要があると思わざるを得ない。

2016年に我々の報告書が発表された際、薬剤耐性による死者や経済損失の危険性を強調している点が特に注目を集めた。薬剤耐性を持った微生物が2050年までに毎年1000万人の死者を出し、2015年から2050年までにかけて100兆ドルの損失をもたらすと我々は警告した。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内