有料会員限定

「銀行、信託のレベル、顧客基盤がやっぱり上」 三菱UFJ証券ホールディングス荒木三郎社長に聞く

印刷
A
A
「銀行からの送客があるから楽でのほほんとしているわけではない」と語った荒木社長(撮影:尾形文繁)

特集「勝者不在のリテール証券」の他の記事を読む

大手証券5社の中で預かり資産の規模では最小の三菱UFJ証券ホールディングス。三菱UFJフィナンシャル・グループとしての総合力を武器に、富裕層向けビジネスで上位に食い込めるのか。荒木三郎社長に聞いた。

 

――今期のリテール部門は黒字ですか、それとも赤字ですか。

赤字です。

――その原因をどう考えていますか。

売買が増えていないということだと思う。株価は堅調なんだけど、個人投資家の売買の件数とか残高は2018年と比べて2、3割減っているんじゃないか。いわゆる個人投資家が「リスクオフ」のモードに入っているから。株価は外国人だとか機関投資家だとか(の買いで)、いろんなところで上がってはきているけど、個人投資家は参加していない。したがってわれわれの実入りが増えていないということ。

それから、いわゆるフィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)ということで、回転売買のようなことに対して非常に厳しい目が寄せられている。(お客さんが保有する金融商品で)少し益が出たからそれを売って次の商品へ、という営業活動は今やっていないので、そういう意味での回転がなかなか効かない、昔と比べると。そうしたところも影響しているんだと思う。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内