有料会員限定

頂上決戦 ユニクロ VS. ZARA ファストファッション新時代

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

低価格ファッションブランドの間で明暗が分かれつつある。「フォーエバー21」が経営破綻した一方、勢いを増すユニクロは、首位を独走するZARAとの決戦に挑む。

本誌:真城愛弓、中原美絵子、梅咲恵司
写真:10月にユニクロがニューデリーに出したインド1号店。世界首位へ向け巨大市場の開拓を急ぐ

「ラストチャンス! 店内全商品が50円!」──。

10月31日、ファストファッション大手「フォーエバー21」の東京・渋谷の店舗は、異様な熱気に包まれていた。

米国本社の経営破綻を受け、同日をもって日本から撤退することになったため、各店舗では衣服やアクセサリーが、ただ同然で投げ売りされた。旗艦店の1つである渋谷店にも、顧客が殺到。さばききれない顧客の数に店員もお手上げだったのか、床に散らばった商品を誰も整頓しようとしない。混乱のまま、予定より早い正午すぎに店はシャッターを下ろした。

韓国系米国人のドン・チャン氏が1984年に創業したフォーエバー21。「100ドルで全身コーディネートができる」とうたい、低価格のトレンド商品を売りにして2000年代に躍進した。09年に日本へ上陸した際は、「黒船の襲来」と注目された。

だが、勢いは長く続かなかった。フォーエバー21の日本上陸に携わったリテールビジネス研究所・飯嶋薫代表は「12~13年ごろにチャン氏の娘たちが商品施策を担うようになって以降、商品構成をレディースに特化させすぎてしまい、ファミリー世代などに顧客層を拡大できなかった」と指摘する。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内