イノベーションをもたらす最適なインフレ率とは? 経済成長を左右するのはイノベーションの量と質

印刷
A
A

さまざまな種目で順位を競うオリンピックでは、記録の更新も見どころの1つである。過去の記録をわずかでも塗り替えれば世界記録保持者としてたたえられ、記録更新の幅が大きければ、その栄誉は長く続く。記録が次々に塗り替えられる大会は大いに盛り上がり、競技者のほか、観客、運営組織にとってもプラスだ。

イノベーション競争にも似たところがある。同種の製品を作っている場合、少しでも良質なものを生み出した企業が市場で勝ち残り、2番手以降はやがて消えていく。イノベーションが続けば経済は全体として盛り上がり成長する。盛り上がりの度合いはイノベーションの頻度と品質向上の幅次第だ。

イノベーションの実現には研究開発への資源の投入が必要だ。社会全体の資源は限られているから、どの研究開発にどれほど資源が割かれるかは経済成長の行く末を左右する。しかし社会的に好ましい配分は、自由市場に任せても実現しない。研究開発投資から得られる企業の私的利益と、社会的な利益は必ずしも一致しないからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内