有料会員限定

日韓関係はなぜ急悪化しているのか 背景には日韓間の国力格差縮小がある

✎ 1〜 ✎ 219 ✎ 220 ✎ 221 ✎ 最新
拡大
縮小

日本と韓国の関係が急速に悪化している。この文脈でとくに重要になるのが、7月15日に韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が首席秘書官・補佐官会議で、日本政府による対韓輸出規制を厳しく批判したことだ。同日の韓国紙・中央日報(日本語版)によると、〈文大統領は日本の措置に対して「前例のない過去の問題を経済問題と連携させて両国の発展の歴史に逆行する非常に賢明でない処置」と規定した。(中略)/併せて輸出制限対象を韓国経済の核心競争力である半導体の材料から始めたという点に注目すると明らかにした。文大統領は「日本は韓国経済が一段階高い成長を企図している時期に韓国経済の成長を遮ったも同然だ」とし「日本の狙いがそこにあるなら決して成功しないだろう」と警告した〉ということだ。この発言で興味深いのは、文氏が、「韓国経済の成長を遮ったも同然だ」という表現で日本が韓国経済を破壊しようとする戦略的意図を持っているという認識を示したことだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内