有料会員限定

セブン上陸で三つ巴の沖縄、インスタ消費に踊るハワイ ハワイvs.沖縄|ショッピング対決

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

コンビニと商業施設について、両リゾートの最新事情を比べてみた。

沖縄での開業日を7月11日(セブンイレブン)に合わせる力の入れよう

特集「ハワイ vs. 沖縄」の他の記事を読む

リゾートに欠かせないショッピング。ここではコンビニエンスストアと商業施設について、沖縄とハワイを比べてみた。

「日本一、地元愛が強い」といわれる沖縄。沖縄人は商売で生まれたお金を沖縄に落とすことを重視する。コンビニでも同様だ。

7月10日、セブン‐イレブン・沖縄の久鍋研二社長は「質の高い出店を継続しながら、街づくりを推進していく」と抱負を語った。翌7月11日、沖縄に初めてセブンが上陸。一気に14店を開店した。繁華街・那覇市松山に店舗を構える「那覇松山1丁目店」では、開店前の朝7時に約100人の客が列を作った(上写真)。

コンビニ首位のセブンは今後5年間で250店の沖縄出店を目指す。うち100店は、スーパーや建設業を営む沖縄の有力企業、金秀グループ・金秀商事とフランチャイズ契約を結び出店する計画だ。

内地企業には貸さない

コンビニ2位のファミリーマートは1987年、地元で百貨店などを運営するリウボウグループと合弁で沖縄ファミリーマートを立ち上げて進出した。一方、3位のローソンは97年に単独で進出したが、2009年には沖縄最大手の流通企業・サンエーとの合弁会社に切り替えた。ローソンは沖縄進出当初、店舗開発に当たって「内地(=沖縄以外の都道府県)の企業には土地や建物を貸さない」という地主が現れたため、合弁に切り替えた事情があるのだ。「全国規模のローソンと地元のサンエーの両企業の出資があることで、地主に安心感が生まれた」(ローソン沖縄の古謝将之社長)。先行するファミマは5月末時点で325店、ローソンも232店を展開するに至った。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ハワイ vs. 沖縄
節税狙いで人気のハワイ、利回りが魅力の沖縄軍用地
ハワイ・沖縄|不動産投資が活況
明暗分かれる2つのリゾートホテル開発
沖縄の原風景・竹富島にも開発の波
ハワイ|あの名産品の陰に日本あり
ハワイ|意外と知られていない「学びの魅力」
沖縄│ルポ・観光客1000万人のひずみ
「沖縄のビール」でなくなったオリオンの行方
観光業界も大ショック
ハワイに暮らす日本人シニアの苦労
元気なうちに日本へ戻ろう?
Part2 ハワイと沖縄の知られざる現実|在住ライターが描くリゾートライフのリアル
ハワイvs.沖縄|交通対決
ハワイvs.沖縄|ショッピング対決
ハワイvs.沖縄|ホテル対決
ハワイvs.沖縄|エアライン対決
Part1 成熟のハワイvs.沸騰する沖縄|観光マーケティング対決
「太平洋の真ん中に浮かぶパワースポット」
ゼットン創業者・DDホールディングス 稲本健一
「日本であって日本ではない雰囲気が魅力」
KPG HOTEL&RESORT 取締役社長兼COO 田中正男
ハワイvs.沖縄
最強のリゾートはどっちだ?
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内