有料会員限定

入院や介護費用も念頭に 「老後の支出」の見積もり方 月々の生活費だけではない!

印刷
A
A

老後の支出には生活費に加え、イベント費用、医療・介護費用がある。それぞれどの程度かかるか。

イラスト:髙栁浩太郎

特集「年金大激震」の他の記事を読む

では、老後にかかる費用を具体的に見ていこう。老後の支出は主に「(希望)生活費」「特別なイベントに使う費用」「医療・介護の費用」の3つに分類できる。

「希望生活費」は、現状の生活費から考えよう。退職後、新たに必要となる支出、反対に不必要になる支出があるが、下図を参考に考えてほしい。

例えば、交際費、外食費、スーツ代などは、退職すると不要になる人も多いだろう。生命保険は、本当に必要かどうか見直そう(相続税対策などは除く)。また、60歳以降は年金保険料を支払う必要がなくなる(後納などは除く)。

ちなみに、総務省の家計調査によると、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)の平均消費支出は月23万5615円。その内訳は、食料6万5319円、住居 1万3625円、光熱・水道1万9905円、家具・家事用品9385円、被服および履物6171円、保険医療1万5181円、交通・通信2万8071円、教育2円、教養娯楽2万4239円、諸雑費2万0539円、交際費2万5596円、仕送り金1050円 などとなっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内