有料会員限定

改憲断念なら安倍退陣も 消えない衆参同日選論

印刷
A
A

安倍首相にとって最大の悲願は改憲。発議要件確保を狙い、衆参同日選に打って出るか。

ダボス会議に出席した安倍首相。頭の中では衆議院解散・総選挙を本気で考えているかもしれない(AP/アフロ)

1月28日、通常国会が開会となり、自民党にとって「苦戦の年」といわれる亥年の政治が本格的に開幕した。12年に1度、亥年に統一地方選挙と参議院選挙が重なる。自民党は過去2回、参院選で振るわず、前回の2007年は第1次安倍晋三内閣で大敗を喫した。2度目の安倍自民党は現在、衆参選挙5連勝中だが、12年前の雪辱を果たせるかどうか。

参院選の年の通常国会(会期150日)は、選挙との関係で「延長なし」が通例だ。その場合、6月26日が会期末で、参院選は公職選挙法32条2項によって7月20〜26日のどの日かになる。日曜日は1回だけで、投票日は21日でほぼ決まりとみられている。

昨年暮れ、参院選の7月上旬実施説も取り沙汰された。だが、統一地方選(4月7日と21日)との間隔を3カ月以上に、と望む公明党に、首相官邸と自民党が配慮して、「7月21日の参院選」が固まったという見方が有力である。

今年前半の国内政治は、「亥年の参院選」を軸にした展開となるが、安倍首相は1月28日の国会での施政方針演説で「少子高齢化の克服と全世代型の社会保障制度の構築」を唱え、安定財源の確保のために、10月1日実施予定の消費税率引き上げに理解を求めた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内