沈むアップル、日系サプライヤーの焦燥 本当のショックはこれからだ

印刷
A
A
「アップルショック」は日本の部品メーカーにも大きな影響を与えている(写真:REUTERS/Aly Song)

特集「激震!アップルショック」の他の記事を読む

2018年11月から断続的に浮上していたiPhoneの販売減速懸念。「アップルショック」と称される一連の影響は年明け1月4日の東京株式市場にも及んだ。アップルに部品を供給している村田製作所や太陽誘電、アルプスアルパイン(旧アルプス電気)など日本の主要電子部品各社の株価は同日に軒並み5~10%の大幅下落となった。

電子部品の市場調査を行うフォーマルハウト・テクノ・ソリューションズによれば2018年のiPhone出荷台数予想は2.1億台。最新のiPhone機種に搭載されている約1300個の部品のうち、6割にあたる約800個が日本の部品だ。

主に電圧を安定させる役割を果たす積層セラミックコンデンサー(MLCC)や通信信号の選別を行うフィルタ、カメラ部品、バッテリーなどが日本の電子部品メーカーによるものだという。アップルにとって日本の電子部品は必要であるとともに、日本の電子部品メーカーにとってもアップルは業績の重要な指標となる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内