有料会員限定

混迷深めるトランプ政権 ケリー、マティスが去り

印刷
A
A

さまざまなリスクが待ち受ける2019年のトランプ大統領。自身の直感のみに頼るトランプ流に、米国と世界の混迷はさらに深まりそうだ。

ケリー(右)、マティス(左)両氏の退任で、2019年のトランプ政権はさらに混乱しそうだ(Abaca/アフロ)

2019年の米国はどうなるのか? 現時点でわかるのは、トランプ大統領の独断がますます強まり政権の混迷が深まることだ。そして米国の求心力がさらに低下し、世界の秩序も損なわれていくだろう。

昨年12月8日、トランプ大統領はジョン・ケリー首席補佐官が退任すると発表した。海兵隊出身のケリー氏は17年7月の就任以来、ホワイトハウスと大統領の管理に一定の成果をもたらした人物だ。しかし18年2月ごろからトランプ氏の信頼を失い、大統領の行動を制御できなくなった。

以来トランプ大統領は、ケリー氏のような正規のアドバイザーの意見はほとんど聞かず、自身の直感に頼る政策を進めた。自身の直感を否定する人物の話よりは、持ち上げる人物の話しか聞かなくなった。その結果が、中国だけでなく日欧などに対する保護主義やイランとの包括的核合意からの離脱、北朝鮮への指針なき接近などで、米国が築き上げた信頼と世界秩序を自ら崩壊させる政策だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内