有料会員限定

思惑交わる異業種タッグ 自動車

✎ 1〜 ✎ 65 ✎ 66 ✎ 67 ✎ 最新
拡大
縮小
会見で握手するトヨタの豊田社長(右)とソフトバンクの孫会長(撮影:風間仁一郎)

特集「変容を迫られるニッポン株式会社」の他の記事を読む

自動車業界は100年に1度の大変革期に突入している。エンジンなどの性能や販売台数を競う時代から、新たな移動サービスを提供するCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)へと競争の軸足が移行。2019年は異業種を交えた覇権争いが一段と激化しそうだ。

すでに前哨戦は始まっている。18年10月、自動運転技術など新しいモビリティサービスで手を組んだ、トヨタ自動車とソフトバンクグループの動きだ。両社は配車サービスなどを手掛ける新会社「モネ テクノロジーズ」を設立し、18年度中に事業を開始。将来はライドシェアなども展開していく。企業文化や歴史のほか経営スピードまでが違う、まさに“水と油”の巨人同士を近づけたのは、トヨタ側の危機感にほかならない。

ソフトバンクに出遅れ危機感募らせていた

「車を造る会社からモビリティサービス会社に変わる」。トヨタの豊田章男社長は18年1月に、テクノロジー企業の展示会として有名な米国のエレクトロニクスショー「CES」に初めて登壇して、そう宣言。会場ではライドシェアなどに活用する電動の完全自動運転車「イーパレット コンセプト」を発表。これまで名指しでライバル視してきた米アマゾンと提携したほか、中国のライドシェア大手、滴滴出行(ディディ)とも手を結んだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
変容を迫られるニッポン株式会社
働き方|「80%の力でいいから納得いく成果出す」
働き方|「納得いくキャリアには批判的な意識が不可欠」
テクノロジー失業
AI時代の活路|「AI恐慌に備えて人生二毛作の準備を」
宇宙/食料/フィンテック/政治…
教育|「20年の教育改革へ新たな方法論探る」
ゲーム|「最新技術を駆使し、面白さ突き詰める」
広告
テレビ
平成の教訓|旅行|「観光」から「ツーリズム」の時代へ
テーマパーク
物流
空輸|「航空連合の再編視野、LCC国際線に活路」
鉄道|「東京―大阪間67分 大動脈をより太く」
鉄道
ゼネコン|「担い手確保が急務、土日全休を目指す」
不動産
鉄鋼|「鉄はまだ進化する 『日本』名で勝負」
平成の教訓|電力
電力ビジネス
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内