有料会員限定

トランプ指名の判事が就任 中間選挙に吉か凶か?

✎ 1〜 ✎ 45 ✎ 46 ✎ 47 ✎ 最新
拡大
縮小

トランプ大統領が指名したカバノー氏が最高裁判事として承認された。セクハラ疑惑に揺れる同氏の就任は、中間選挙の結果にも影響しそうだ。

トランプ大統領が指名したカバノー最高裁判事候補をめぐり、デモが起こるなど反対の声が広がった(AP/アフロ)

9月26日の日米首脳会談後の記者会見において米国の記者団は、日米が合意した物品貿易協定(TAG)の協議入りなどには関心がなく、最高裁判所判事候補のブレット・カバノー氏のセクハラ疑惑についての質問をトランプ大統領に浴びせかけた。

女性二人(その後さらに一人が加わった)がカバノー氏のセクハラ被害者として名乗りを上げたことについて、「民主党による詐欺(コンゲーム)」とトランプ氏が発言したことで、カバノー問題はさらに火が大きくなっていた。大統領は民主党がどこからともなくいいかげんに女性を探し出しているとして、「誰に対してもそのような嫌疑をかけることができる。ここにいる安倍晋三首相は別だが……。彼は純粋だから」と発言。他国の首相を国内の泥仕合に巻き込みかねないトランプ発言は、外交儀礼に失している。

トランプ氏は前日の国連演説で、自分は「過去の多くの大統領が成し遂げなかったことを実現した」と自慢げに演説し、会場から失笑された。これに対して「聴衆は自分を笑ったのではない」と強弁し、反トランプの米国民をあきれさせた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内