有料会員限定

株価への逆風は小休止もくすぶる投資家の懸念 試練続くフェイスブック株

印刷
A
A

特集「フェイスブック解体」の他の記事を読む

今年1月につけた高値は回復できていないものの、堅調な値動きの米国株式市場。一方で相場の牽引役であるハイテク銘柄、なかでもGAFAについては、投資家の気をもむ局面が続く。

最も顕著なのがフェイスブックだ。データ流出問題が発覚した3月に、株価は1月末の年初来高値から2割近く下落した。4月25日に発表した2018年1~3月期決算は、広告収入が前年同期比50%増、月間利用者数も前の四半期に比べて6700万人増加と好調を維持。株価も戻り基調だが、1月末高値を依然下回る。

グーグルの持ち株会社アルファベットは利益率の低下を嫌気されたのか、1~3月期決算発表後に売られ株価がやや軟調。一方、アップルとアマゾン・ドット・コムの株価は史上最高値圏と好調だが、3月から4月初めにかけてアマゾン株が値を下げたことは記憶に新しい。「アマゾンには不当に安い郵便料金が適用されている」などと非難する米トランプ大統領のツイッターの発言が原因だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
フェイスブック解体
FBユーザー怒りの声
今後フェイスブックに求めたいこと
試練続くフェイスブック株
経済学者が新説を提唱
税逃れへの批判強まる
潜入報道であぶり出された実態
制裁金3000億円では終わらない
Interview │一橋大学大学院教授 楠木 建
»»Part2 国家 vs. IT巨人
Interview │経営学者 スコット・ギャロウェイ
10時間に及んだ米議会証言
個人&企業にアンケート
Interview|フェイスブックジャパン 代表取締役 長谷川 晋
企業は利用者離脱を注視
Q&Aで丸ごと解説
現地ルポ ザッカーバーグCEOが語った
»»Part1 揺れるSNS帝国
フェイスブック解体
IT巨人への反乱が始まった!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内