有料会員限定

異論沈める大義はあるか 新党目指す希望・民進

印刷
A
A
4月12日、新党協議会に臨む民進党の大塚耕平代表(右)と希望の党の玉木雄一郎代表(時事)

希望の党と民進党が、旧民進党勢力の合流による新党立ち上げに向けて大型連休前の協議を急いでいる。4月9日に希望の党の玉木雄一郎、民進党の大塚耕平両代表が新党協議を開始することに合意。3日後の12日には両党幹部でつくる協議会がまとめた基本政策の骨子案を、両党にそれぞれ提示するというスピード感だ。

骨子案では焦点だった憲法改正について、「わが国が自衛権を行使できる限界をあいまいにしたまま、憲法9条に自衛隊を明記することは認めない」とした。安全保障関連法に関しては、憲法の平和主義を尊重し専守防衛を堅持するとしたうえで、「違憲と指摘される部分を削除することを含め、必要な見直しを行う」と明記した。

安倍政権に対する批判の受け皿を一本化しようとする意義と努力は否定しない。しかし、昨年10月の衆院選を前に旗揚げされた希望に合流するための分裂から、まだ半年も経っていない。通常国会を目前に控えた今年1月中旬には、新党を念頭に置いた統一会派結成を幹事長レベルで合意しながら両党内で異論が噴出、頓挫している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内