有料会員限定

中国ならではの課題 急拡大のカーシェア市場

印刷
A
A

中国で電気自動車を活用したカーシェアリングの利用者が増えている。政府も省エネの観点から普及を後押しするが、課題も少なくない。

カーシェア業界最大手EVCARDの電気自動車。利用者が急増する一方、充電時間の長さが課題だ

シェア自転車に続き、電気自動車を利用したカーシェアリングが中国で浸透しつつある。市場開拓の余地は大きいが、駐車場や充電場所の確保の難しさ、利用者のマナーの悪さなども相まって、普及には課題も山積している。

調査によれば、中国のカーシェアリングの利用回数は2015年に1日当たり816万回だったのが、18年には同3700万回に達する見込み。潜在的な市場規模は1兆8000億元(1元は約17円)との試算もある。政府も省エネルギー、高効率社会実現の観点から支援しており、将来性は高い。

中国の業界最大手、EVCARD(上海市)は18年1月現在、60都市に2万7000台の電気自動車、5万5000台分の駐車・充電スペースを確保、登録会員は200万人を超える。利用料金は1分当たり0.5元で、1日単位だと平日88元、週末128元から。中国ではクレジットカードが一般的でないため、現金のデポジットが3000~1万元程度必要(額は車種による)。20年までに100都市、30万台を目指している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内