有料会員限定

群馬・大泉町|リトルブラジルは転換期 外国人移住の先進地域

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12
拡大
縮小
県道沿いにはブラジル人の営む店が並ぶ

特集「隠れ移民大国ニッポン」の他の記事を読む

群馬県で最も面積が狭く、人口密度のいちばん高い町。それが邑楽(おうら)郡にある大泉町だ。日本人住民は減少トレンドにある半面、外国人住民の増加が続く。

最寄りの東武鉄道・西小泉駅で降りると、すれ違う人たちの多くが外国人になった。商店街では色鮮やかなブラジル料理店の看板が目に飛び込む。中古車販売店から大音量で聞こえてくるのはラテンポップス。町の通称「リトルブラジル」にふさわしい雰囲気だ。

大泉町は人口に占める外国人の割合が18%と全国でも高く、在日ブラジル人の集住地域として知られる。全国で18万人を超える在日ブラジル人のうち9割近くは永住者・定住者だ。大泉町でもこの地に長く住むブラジル人は多い。

町で話しかけた日系3世の男性は、「ここに27年住んでいます。両親が日系ブラジル人で、『デカセギ』に来ました」と誇らしげに教えてくれた。彼らが働くのは、町内北部にあるSUBARUや南部のパナソニック(以前は三洋電機)、その下請け会社の工場となる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内