有料会員限定

隠れ移民大国ニッポン 在日外国人250万人の素顔

印刷
A
A

人口が減る日本社会。人手不足を埋める働き手として、外国人が着実に増えている。彼らはどこから来て、どこに住み、何をしているのか。在日外国人の生態を広く、深くリポート。

本誌:緒方欽一、杉本りうこ、渡辺清治

週刊東洋経済 2018年2/3号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「隠れ移民大国ニッポン」の他の記事を読む

[図表1]
(注)人数は各年末の在留外国人数。2017年のみ6月末の数値。人口比は17年7月の総人口を基に算出。名古屋市の人口は231万人 (出所)法務省、総務省、名古屋市

先進国4位の「移民大国」 いつの間にか隣人は外国人

最近、外国人がやけに目立つ──そう感じている人は多いだろう。訪日観光客だけではない。日本に住み、働く外国人が着実に増えているのだ。

都内のセブン‐イレブンでアルバイトに励むマンさんは、ベトナム人留学生。日本に興味を持ったのは、「テレビドラマを見て、『ニッポンの女の子、カワイイ!』と思ったから」。服飾関連の専門学校に通いながら、土日に勤務。バイト仲間にはウズベキスタン、バングラデシュなどからの留学生もいる。セブンの都内店舗では、バイトの2割が外国人だ。

学校卒業後、日本で就職を目指すマンさんはベトナム人

ラーメンチェーン・幸楽苑の都内店舗で働くグエンさんもベトナム人留学生。今春に日本語学校を卒業し、首都圏の大学に進学する。バイトの稼ぎは「学費に充てる」。週3日程度、夕方から終電前までの忙しい時間帯にホールに立つ。幸楽苑は2年前から、外国人バイトの採用を積極化している。「日本人の応募がめっきり減ったのがきっかけ」と店舗運営部の森俊勝氏は話す。

「日本でいろんなことを学び、将来は母国で起業したい」と話すグエンさん。幸楽苑で週3日アルバイトをしている

事実上の移民が年間40万人流入

在日外国人数は、247万人(法務省の在留外国人統計、2017年6月時点)。名古屋市の人口を超え、京都府に迫る。リーマンショックと東日本大震災で一時減少したが、再び増加に転じた13年以降、2割増えた。特にベトナム、中国、ネパールといった国からの流入が多い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内