有料会員限定

「日本の生活、こんなに不便」 留学生に聞きました

印刷
A
A

見知らぬ地では生活基盤を整えることすら大変だ。留学生の体験談を紹介する。

左からトアンさん(ベトナム出身)、アニーシャさん(ネパール出身)、コックさん(ベトナム出身)。3人とも老舗の新宿日本語学校に通う学生だ

特集「隠れ移民大国ニッポン」の他の記事を読む

不動産屋でアパートを借りる

衣食と並び生活の基盤となるのが住居だ。2016年10月に来日したネパール出身のアニーシャさんの場合、物件探しはネパール語の通じる仲介者のサポートもあり支障はなかったという。だが、不動産屋でいざ契約する段階になると、「説明はしてくれるけど、よくわからない(笑)。でも『はい』と答えるしかない」状態に。

もちろん日本人でも契約書の文言をきちんと理解するのはたやすいことではない。ただアニーシャさんにとってもっと理解不能だったのが、不動産取引における日本独特の慣行だった。

「どうして必要なんですか?」。アニーシャさんは、賃貸契約時に敷金・礼金の支払いを求められたことが今でも腑に落ちない。不動産屋を相手に「ゼロになりませんか」と交渉してみたものの、「日本のルール、習慣がありまして。しょうがないですね」と取り付く島もなかったという。

保証人がいないと入居拒否も

賃貸契約における連帯保証人制度も日本独特の慣行だ。アニーシャさんの場合、先に来日している親戚が保証人になり、不動産屋や大家も承認してくれた。だが日本人の保証人がいないことを理由に入居を断られる外国人は少なくない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内