『教えてみた「米国トップ校」』を書いた佐藤仁氏に聞く 東大の学費はアイビーリーグの10分の1

✎ 1〜 ✎ 138 ✎ 139 ✎ 140 ✎ 最新
拡大
縮小

「東京大学vs.アイビーリーグは6勝4敗で東大の勝ち」の真意とは。

教えてみた「米国トップ校」 (角川新書)
教えてみた「米国トップ校」 (角川新書)(KADOKAWA/256ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──6勝4敗で東京大学の勝ちなのですね。

東大の学費が米国の一流大学、ここでいうアイビーリーグの10分の1であることに、まず3勝分の価値がある。学費が安いことによって門戸は広く開かれる。米国には各種の奨学金があるといっても、4割ぐらいの学生は親が学費を黙って出す所得層。日本の学生は10分の1でやってきていることを何より評価すべきなのだ。

東大をはじめ日本の大学が勝っていること、むしろ強さだといえることに、教員と学生の距離の近さ、留学生の多様さ、さらには米国に追いつけないというコンプレックスの裏返しで、もっと頑張らなければいけないというハングリーさがある。ほかにもキャンパスの安全さなども加えて、総合して6勝4敗といっても「うそ」ではないと感じている。

高コストで維持される体系的な教育システム

──東大が負けている4敗とは。

何といっても教員の待遇だ。給与は圧倒的に向こうが高く、3年ごとに研究休暇も取れる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内