有料会員限定

前原民進党と野党結集の行方 首相が解散・総選挙を決断

印刷
A
A
民進党を離党した細野豪志衆院議員(右)。非共産系の野党結集の行方が注目される(時事)

衆議院の早期解散が確定的となった。安倍晋三首相は当初、想定していた「憲法改正の発議後の2018年後半の総選挙」という方針を転換して「年内解散・総選挙」を決断した、と9月17日の朝刊各紙が報じた。政府と与党は、28日召集の臨時国会の冒頭か、開会数日内の解散も視野に、具体化の検討を始めた。最短で10月22日投開票も選択肢となる。

安倍内閣は今年前半の森友・加計疑惑や閣僚の失態・失言などで支持率が急落したが、8月の内閣改造の後、回復に転じた。

一方、9月1日に前原誠司新代表を選出した民進党は、幹事長人事の迷走で船出から「嵐の航海」となった。加えて前原登場後も所属議員の離党が相次ぎ、混迷が続いている。安倍首相は今が解散の好機と決意を固めたようだ。

とはいえ、総選挙で狙いどおり「与党勝利・1強維持」という結果に持ち込めるとは限らない。長期政権の増長・慢心・弛緩による問題噴出を見て、与野党の相互監視と政権交代可能な政党政治という議会制民主主義の機能をあらためて認識した国民も多かった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内