有料会員限定

絶好調の装置メーカー 年後半メモリ失速懸念 「バブル超え」産業の実態|半導体

印刷
A
A
半導体業界の先行きには、期待と不安の声が入り交じる(撮影:尾形文繁)

特集「勝ち抜く企業」の他の記事を読む

久々の活況に半導体業界が沸いている。米グーグルをはじめとしたIT大手が、データセンターへの投資を積極化。サーバーに搭載される3次元NANDと呼ばれる新型メモリ半導体が不足する事態に陥っている。

福音になったのはIoT(モノのインターネット)だ。これが本格化すれば、工場、家電、自動車などにさまざまな半導体が搭載される。生み出されるデータ量も爆発的に増大するとみられており、その処理に必要なデータセンターを建設しているのだ。

投資家たちも熱狂している。米国の半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は1106.22(6月5日時点)で、「ITバブル超え」が目前だ。

この恩恵は日本にも及んでいる。かつてはNECや三菱電機、日立製作所など数多の半導体メーカーが世界トップに名を連ねた。韓国サムスン電子などとの競争に敗北し事業撤退を余儀なくされたが、ともに成長を遂げてきた半導体製造装置や部材メーカーはいまだに世界で高い存在感を保っている。そしてこれらの企業が半導体の需要拡大に伴って業績を伸ばしているのだ。市場規模もSOX指数と呼応して過去最高をうかがう水準まで拡大している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
勝ち抜く企業
この銘柄にご用心
賞味期限はいつまで?
上昇期待銘柄はこれだ!
米経済はすでにピークアウト
経常増益で資本効率がよい企業を発掘
株式市場の主導権を握る
今狙うべき銘柄はこれだ![1]
今狙うべき銘柄はこれだ! [2]
『会社四季報』をフル活用
「バブル超え」産業の実態|不動産
「バブル超え」産業の実態|半導体
「バブル超え」産業の実態|人材派遣
注目企業の大疑問[5]
注目企業の大疑問[4]
注目企業の大疑問[3]
注目企業の大疑問[2]
注目企業の大疑問[1]
フィンテックの本命|決済サービス
ニッチな市場で稼ぐ|駐車場
ニッチな市場で稼ぐ|福利厚生代行
躍進する地方企業|総合スーパー
躍進する地方企業|ドラッグストア
付加価値を生み出し稼ぐ|化粧品
勝ち抜く企業260 [2]
勝ち抜く企業260 [1]
勝ち抜く企業
今、確かな力が光る銘柄
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内