有料会員限定

ドルは100円割れも 米経済はすでにピークアウト

印刷
A
A

円安なら株高、円高なら株安。日本株はこれまで為替相場に割と素直に反応する相場だった。それだけに1ドル=110円台前半のレンジで推移しているドル円相場が円安傾向を続けるのか、円高に振れて昨年後半のように100円割れの水準を試すのか、日本株投資家にとって大いに気になるところだ。

為替アナリストやエコノミストからは足元、年末にかけて円高の進行を予想する声が目立つ。

「今年末に100円近い水準まで円高ドル安が進む」

大和証券の亀岡裕次・チーフ為替アナリストはそう予想している。リーマンショック後にゆっくりと回復してきた米国景気にそろそろ減速感が見られること、トランプ大統領が今後、保護主義色を強め、通商政策や日本銀行の金融政策に圧力をかけて円高の風圧が強まると見込まれるからだ。

「ロシアゲート」疑惑などで早くも正念場を迎えつつあるトランプ大統領(CNP/時事通信フォト)

特集「勝ち抜く企業」の他の記事を読む

短期でも長期でも円高に振れやすい局面

2017年のグローバル経済は今のところ比較的良好だとされている。IMF(国際通貨基金)の最新予測によると、世界経済の成長率は16年の3.1%から加速し、17年は3.5%の成長が見込まれている。OECD(経済協力開発機構)が毎月公表している景気先行指数で見ても、OECD諸国の景況感は昨年後半にいったん底打ちした後、力強さを欠きながらも回復基調にある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
勝ち抜く企業
この銘柄にご用心
賞味期限はいつまで?
上昇期待銘柄はこれだ!
米経済はすでにピークアウト
経常増益で資本効率がよい企業を発掘
株式市場の主導権を握る
今狙うべき銘柄はこれだ![1]
今狙うべき銘柄はこれだ! [2]
『会社四季報』をフル活用
「バブル超え」産業の実態|不動産
「バブル超え」産業の実態|半導体
「バブル超え」産業の実態|人材派遣
注目企業の大疑問[5]
注目企業の大疑問[4]
注目企業の大疑問[3]
注目企業の大疑問[2]
注目企業の大疑問[1]
フィンテックの本命|決済サービス
ニッチな市場で稼ぐ|駐車場
ニッチな市場で稼ぐ|福利厚生代行
躍進する地方企業|総合スーパー
躍進する地方企業|ドラッグストア
付加価値を生み出し稼ぐ|化粧品
勝ち抜く企業260 [2]
勝ち抜く企業260 [1]
勝ち抜く企業
今、確かな力が光る銘柄
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内