有料会員限定

躍進するポーラ、コーセー 付加価値を生み出し稼ぐ|化粧品

✎ 1〜 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 最新
拡大
縮小

市場成熟なんて関係なし

とうに成熟市場であるはずの化粧品業界が今、にわかに熱気を帯びている。

火付け役となったのは、ポーラ・オルビスホールディングス(HD)が今年1月1日に発売した「リンクルショット メディカル セラム」だ。日本で初めてしわを改善する薬用化粧品として厚生労働省の認可を受けた。

売り上げ目標は当初100億円だった。だが、1〜3月で約60億円を販売と想定を上回る出足を受け5カ月後には125億円へ上方修正された。「新規購入客の1割が男性」(ポーラ・オルビスHD)という驚くべき現象も起きている。

来週6月21日には資生堂が、やはり厚労省認可を受けたしわ改善クリーム「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームS」を発売する。ポーラが1万5000円であるのに対し資生堂は5800円(編集部調べ)とお手頃で、年内に100万個の販売を見込む。

ポーラは「競合品の上市を控え、マスプロモーションに10億円を追加投資する」と迎撃の構えだ。年後半にかけて2社のしわ戦争がヒートアップすることは間違いない。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
勝ち抜く企業
この銘柄にご用心
賞味期限はいつまで?
上昇期待銘柄はこれだ!
米経済はすでにピークアウト
経常増益で資本効率がよい企業を発掘
株式市場の主導権を握る
今狙うべき銘柄はこれだ![1]
今狙うべき銘柄はこれだ! [2]
『会社四季報』をフル活用
「バブル超え」産業の実態|不動産
「バブル超え」産業の実態|半導体
「バブル超え」産業の実態|人材派遣
注目企業の大疑問[5]
注目企業の大疑問[4]
注目企業の大疑問[3]
注目企業の大疑問[2]
注目企業の大疑問[1]
フィンテックの本命|決済サービス
ニッチな市場で稼ぐ|駐車場
ニッチな市場で稼ぐ|福利厚生代行
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内