有料会員限定

温暖化対策の新ステージ 揺らぐ低炭素社会 [後編]

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小

パリ協定を機に、大手企業が"脱炭素経営"に走り出し、日本ではトヨタやリコーが先陣を切る。しかし、日本の政府レベルでの"炭素の価格づけ"の取り組みは大きく遅れている。

(本誌:岡田広行、大西富士男)
写真:ドイツなど諸外国では石炭火力発電所の削減計画が進む

2050年に企業活動全体にかかわる温室効果ガスの排出ゼロを目指す──。

事務機器大手のリコーは4月21日、世界に向けて宣言した。

ビジネスで使う電力の100%を、太陽光や風力など再生可能エネルギーで賄うことを目指す「RE100」。米アップルや英蘭ユニリーバなど世界の“環境先進企業”の多くが参加する国際的な取り組みにも、日本企業で初めて名を連ねた。

リコーは環境対策に熱心な企業として知られている。1990年代以来、取引先と連携して廃棄物など環境負荷を減らす取り組みを推進。脱炭素社会実現を目指す「日本気候リーダーズ・パートナーシップ」(Japan-CLP)の中心メンバーとしても積極的に活動してきた。

だが、今回の目標は、その先を目指す。あえて、とてつもなく高いハードルを設定した経緯について、同社で地球温暖化対策の旗振り役を務める加藤茂夫執行役員は、「今回の目標設定は15年12月のパリ協定採択がきっかけとなった」と説明する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内