有料会員限定

政治の季節に入ったロシア政治をどう見るか テロ対策を優先すべき

印刷
A
A
3日に発生した地下鉄車内爆発事故の犠牲者のために献花するプーチン大統領。自らの政治戦略の行く末に、事件は不安をもたらした(ロイター/アフロ)

4月3日午後2時40分(日本時間午後8時40分ごろ)、ロシア第二の都市サンクトペテルブルクの地下鉄車内で爆発が起きた。

〈スクボルツォワ保健相によると10人が死亡。50人近くが負傷した。プーチン大統領はテロの可能性を視野に捜査を進める考えを表明した。/国家反テロ委員会によると、爆発後、現場とは別の地下鉄駅で爆発物が発見された。同時多発テロを狙っていた可能性もある。〉(4月4日「朝日新聞デジタル」)

この爆発が起きたとき、ロシアのプーチン大統領は、同国を訪問中のルカシェンコ・ベラルーシ大統領と会談するためにサンクトペテルブルクに滞在していた。

〈プーチン氏は、爆発の直後、予定通りルカシェンコ氏との会談に臨んだ。テレビで報じられたその表情は硬い。手を前に置き、右足の先を細かく上下させるなど、衝撃を受けた様子がありありと映し出された。

プーチン氏は、死者や負傷者とその家族にお見舞いの言葉を述べた上で、すでに治安機関の担当者と意見交換したことを明らかにし、「原因について語るのは時期尚早だが、テロを含むすべての原因を検討する」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内