有料会員限定

まさかのトランプ当選で慌てた日本外務省 官邸・外務省の焦りがもたらしたトランプ詣で

✎ 1〜 ✎ 90 ✎ 91 ✎ 92 ✎ 最新
拡大
縮小
トランプ次期大統領との会談後に記者会見する安倍首相。外務省はトランプ当選を予測しておらず、慌てふためいているようだ(AFP=時事)

11月8日に行われた米国大統領選挙では、日本外務省は民主党のヒラリー・クリントン候補(元国務長官)が当選すると考えていた。しかし、実際には政治家としての経験がまったくない共和党のドナルド・トランプ候補が当選した。大統領選挙前日の11月7日に杉山晋輔外務事務次官が安倍晋三首相に「大丈夫です。クリントンが逃げ切って当選します」と報告した。安倍首相や首相官邸幹部は、外務省が見通しを誤ったことに対して激怒したということだ。クリントンに当選してほしいという強い思いが、外務省の判断を誤らせたのである。

もっとも、日本だけでなく、EU(欧州連合)やオーストラリアなどもトランプの落選を望んでいた。なぜならこれらの諸国は、クリントンが当選し、現在の国際秩序が続いたほうが国益にかなうと考えていたからだ。他方、ロシア、中国、北朝鮮、イランなどはトランプの当選に期待していた。そうすることで、新たな国際秩序が生まれる可能性があり、自国の国益を増大する機会が生じるからだ。そして、11月17日に米国ニューヨークのトランプ・タワーで安倍首相がトランプと会談した。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内