有料会員限定

トランプ大統領を生んだ"ヒルビリー"とは 白人労働者の不満を敏感に察知したトランプ

印刷
A
A
「初めて政治に興味を抱いた」と目を輝かせるトランプ支持者たち(ロイター/アフロ)

特集「危うし! トランプノミクス」の他の記事を読む

まだ予備選挙の投票が始まっていない2016年2月、私はニューハンプシャー州でトランプのラリー(集会)に初めて参加した。指定の空き地に駐車し、そこから屋内テニスコート施設を利用した会場にスクールバスが連れていってくれる。非常に手際がよい。

開場まで列に並んで待つのだが、その間にトランプのTシャツや帽子などのグッズが買えるようになっている。支持者のウキウキした雰囲気も、ロックコンサートそのものだ。ミス・ユニバース機構やカジノ・ホテルの経営で知られるトランプらしさが印象的だった。

共和党のライバルであるジョン・ケーシックやマルコ・ルビオのイベントではボランティアが受付をしていた。雰囲気はシリアスで、医療制度、国家予算、税金、外交についても語っていたが、トランプはそんなことはしなかった。ライバル候補の揶揄や、マイノリティや移民を批判する過激な発言で群衆をあおり、興奮させる。トランプのイベントで実感したのは、「群集心理を察知する皮膚感覚」という天賦の才だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内