有料会員限定

被疑者を有罪に誘導する特捜検察の手口 日本の企業文化は変わっているのか(3)

印刷
A
A
三菱自動車の燃費不正問題で、同本社へ立ち入り検査に入る国土交通省の職員(5月13日)。「日本のために三菱自を徹底してこらしめる」可能性がある(時事)

三菱自動車の燃費偽装問題は、徐々に深刻さを増してきている。国土交通省が、立ち入り検査に乗り出した。〈三菱自動車の燃費偽装問題で、国土交通省は13日、道路運送車両法に基づき、三菱自本社への立ち入り検査を始めた。社内調査で、本社が燃費データ測定を委託した子会社にデータ改ざんを指示していたことが分かっており、国交省は経営陣の関与なども調べる。/午前9時すぎ、東京都港区にある三菱自本社に国交省職員5人が入った。11日に三菱自から国交省に提出された社内調査報告書の内容について、担当者への聞き取りや資料の確認をする。経営陣からの聞き取りもする可能性もある。/石井啓一国交相は13日の閣議後会見で、三菱自の調査報告書について「不正行為の全容解明には不十分」と指摘した。企業姿勢に関しては「リコール隠しなど不正事案を重ねてきたにもかかわらず、さらに今回の不正。極めて遺憾であると言わざるをえない」と厳しい表情で語った。〉(5月13日「朝日新聞デジタル」)

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内