有料会員限定

神通力もここまでか!日立 中西マジック限界東原体制の不安

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小

社外取締役が全員反対──。2016年2月3日、日立製作所では4月からの人事を決める取締役会で、ある事案が否決された。その事案とは、中西宏明会長が執行役員から外れる件である。 

中西会長は川村隆・現相談役を筆頭に日立復活を牽引した「チーム川村」の6人衆の一人。10年から社長、14年から会長兼CEO(最高経営責任者)として舵取り役を担った。

その中西会長が今年4月からCEOを外れた。結果的に社外取締役の抵抗で果たせなかったが、本人は、執行役からも外れようと思っていたという。中西氏がそう考えた理由は、社内の指示待ち風土にあった。

日立では中西氏がCEOになった2年前から、「中西さんに聞けばいい」という雰囲気が社内に充満していた。執行役を外れれば、今の風土を変えることができる──。中西氏はそう考えたが、その豊富な海外人脈をすぐには引き継げないとの理由から、社外取締役8人が全員反対したのだ。

日立の取締役会は12人中社内が4人、社外が8人。うち4人が外国人である(16年3月時点)。米3Mや資源メジャーの英アングロ・アメリカンなど有名企業のCEOを直近まで務めた辣腕経営者を社外取締役として迎えている。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内