有料会員限定

手探りで効果は不透明 欧州のマイナス金利政策

印刷
A
A
1月の政策理事会でドラギECB総裁は3月の追加緩和を示唆した(ロイター/アフロ)

特集「日本銀行」の他の記事を読む

欧州では日本銀行に先んじてマイナスの政策金利を採用している国・地域がある。マイナス金利政策の効果と副作用を考えるため、その経験を振り返ってみる。

デンマークが発端 通貨高の抑制が目的

広範囲にマイナスの政策金利が導入されたのは2012年7月以降のデンマークからである。同国の主要な政策金利である譲渡性預金(CD)金利は、14年4月から9月に一時的にプラス圏に引き上げられた時期を除いて、現在に至るまでマイナス圏で推移している。

通貨デンマーククローネは対ユーロでの為替変動幅を、中心レートから一定範囲内とするペッグ制を採用している。そのため、デンマーク国立銀行(中央銀行)の金融政策は、欧州中央銀行(ECB)に連動する形で行われてきた。

欧州債務危機の深刻化により、欧州内でユーロの代替投資先として魅力が増した同国には資金流入が加速、継続的な通貨高圧力に見舞われてきた。資金流入を抑制しユーロとのペッグ制を維持するため、ECBに追随して金融緩和を強化、マイナスの政策金利導入が必要となった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内