有料会員限定

介入期待が剥落 投資家に広がる政府不信 中国の株価指数は4カ月ぶりの安値

印刷
A
A
個人投資家の株式への関心は急速に冷めつつある。1月14日、四川省成都の証券会社で(AP/アフロ)

特集「世界株式 原油 非常事態」の他の記事を読む

「昨年後半は相場が持ち直し、今年こそと期待していたので、もうガックリ。前回の暴落より精神的打撃は大きいかもしれない」。上海で20年近く株取引を手掛ける40代の女性はそんな感想を漏らす。取引初日の1月4日、前月の製造業購買担当者指数(PMI)が予想を大幅に下回ったのをきっかけに売りが殺到、上海総合指数は7%安に。導入されたばかりのサーキットブレーカー(取引停止措置)が発動された。

続いて7日にも再度サーキットブレーカー発動の事態となり、投資家心理は極度に悪化。上海総合指数は13日に心理的フシ目とされていた3000ポイントを終値ベースで約4カ月ぶりに割り込んだ(図1)。上海・深セン両市場の時価総額は今年1月14日時点で計42兆8900億元だが、昨年末より10兆元少ない。わずか10日で200兆円近くが消えた計算だ。

[図1]
拡大する

両取引所の1口座平均で約400万円の損失になる。昨年6~8月の暴落でいったん2800ポイント台まで落ちた上海総合指数は同年12月には3600ポイント台まで回復、市場に自信が戻り始めた矢先のこと。さらに1月28日には2700ポイント台へ下落した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内