有料会員限定

参院選めぐる安倍・菅の政権運営戦略 2016年最大の攻防

印刷
A
A
今年は衆参同日選を断行するのか。写真は2013年7月の参院選で遊説する安倍晋三首相(撮影:尾形文繁)

二度目の政権担当の安倍晋三首相は2015年12月26日に在任3年に達した。自民党総裁として12年12月の総選挙、13年7月の参院選、14年12月の総選挙に3連勝し、「1強」体制を作り上げたのが長期在任の最大の要因である。

経済再生と安保体制整備の二兎を追う政権運営を目指してきたが、安保関連法成立後の15年9月、日経平均株価の1万7000円割れ、内閣支持率30%台への下落に見舞われた。だが、持ち直して、平均株価は12月に1万9000円前後、内閣支持率も12月4~7日の時事通信の調査で41.2%に上昇した。

表向き好調を維持した形で何とか政権担当4年目を迎えた安倍首相は、15年11月に自ら言明した日程に従って、16年1月4日に通常国会を召集した。会期は150日で、会期末は6月1日だが、その後に3年に一度の参院選が待ち構える。

「強大与党」「多弱野党」で見逃されがちだが、「1強」にもかかわらず、参議院の自民党の議席は113で、実は今も過半数の122に届いていない。今夏の参院選の第1の焦点は、自民党が9議席増を達成して単独過半数を握るかどうかだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内