有料会員限定

東京エレクトロン グローバル経営よ、再浮上せよ!

印刷
A
A

世界最大手企業との経営統合の発表、その後の破談。異色のグローバル企業が目指す先にはつねに驚きが待っている。

2年前、2013年9月24日。この日、半導体製造装置メーカー、東京エレクトロンの記者会見は産業界に強い衝撃を与えた。

「真の国際企業となり、技術革新をどんどん成し遂げたい」。世界3位の半導体製造装置メーカーを率いる社長の東哲郎はそう宣言した。会社の歴史を塗り替える大舞台に同席した相手は、世界トップメーカー・米アプライドマテリアルズCEO(最高経営責任者)のゲイリー・ディッカーソンだ。

世界でトップを争うメーカー同士の大型統合である。単純合算した売上高は1兆3000億円で、市場シェアは25%に達する(当時)。業界に圧倒的な支配力を誇る企業が突如として誕生する。業界アナリストも驚愕した。「まったく予想していなかった。まさかこんなことが起こりうるなんて」。

難航極める審査 最後は不穏な空気に

その10カ月後、14年7月に発表した統合後の新会社名は「Eteris」(エタリス)である。由来は「Eternal innovation for society」。新会社の原動力となる精神を具体化し、経営統合の独自性を象徴するものだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内