有料会員限定

病み上がりのルネサス 車載半導体で首位陥落 初の黒字化。が、再編に乗り遅れ試練は続く

印刷
A
A

車載半導体大手のルネサス エレクトロニクスが、ようやくスタートラインに立った。

2015年3月期は、824億円の純利益を計上し、10年4月に同社が発足して以来、初の黒字化を達成。官民ファンドの産業革新機構が株式の69%を保有する実質的な国有化状態にあるが、今年9月末にはロックアップ(株式の売買禁止期間)が解除されることになっている。

しかし、同社が負の遺産の解消に追われている間にも、車載半導体業界では、合従連衡が進行。ルネサスは今年中にも首位から陥落することが決定的なのだ。

リストラで人員は半減

ルネサスは生い立ちからして不幸だった。NECを母体とするNECエレクトロニクスと、三菱電機および日立製作所から分社化したルネサステクノロジが統合して誕生したが、当初から過剰な人員と設備を抱えていた。

追い打ちとなったのが、東日本大震災による主力の那珂工場(茨城県)の被災だ。12年9月末時点で自己資本比率は13%まで低下。産業革新機構に1383億円の出資を仰ぐことになった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内