有料会員限定

ルネサスを巡る綱引き 電産・永守と自動車業界

印刷
A
A

2人続けてトップが半年で交代。日本電産を去った新社長は自動車業界出身だが…。

東日本大震災後の危機を乗り越え黒字化を果たしたが、成長には多くの障害が立ちはだかる(AFP=時事)

「買う可能性はある」──。日本電産の永守重信会長兼社長は、4月の決算説明会の場で、ルネサスエレクトロニクス買収への飽くなき意欲を見せた。

ルネサスは、世界トップの車載用マイコンをはじめ、自動車用半導体に強みを持つ。長らく赤字が続いていたが、数度にわたる大規模なリストラと円高一服の追い風もあり、直近2期の純益は800億円台の黒字を計上した。

車載事業を成長分野と位置づける日本電産にとっては、またとない優良案件だが、買収の芽は「当面消えた」というのが業界内の見方だ。その理由は、ルネサスの人事。6月28日の株主総会で、同社の新社長に呉文精(くれぶんせい)氏が就くことになったからだ。

呉氏は、2008年6月から日産自動車系部品メーカーのカルソニックカンセイで社長を務め、13年6月には日本電産の副社長に招聘された。そこで呉氏は車載や家電分野を担当して成長させたものの、永守氏に求められた営業利益率15%の達成を果たせず、15年9月に日本電産を退社。両者はいわば、たもとを分かった者同士なのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内