有料会員限定

1〜5年先の中期分析で将来の選択を誤らない 職場などで役に立つ「中期分析」の方法(4)

印刷
A
A
出世競争は組織において否定できない。上に上がれば上がるほど、仕 事の幅が広がる(写真はイメージ)(撮影:今井康一)

モサド(イスラエル諜報特務庁)やSVR(ロシア対外諜報庁)などで行われている1年から5年程度の未来を予測する中期分析は、ビジネスパーソンが仕事の見通しや出世の展望をつけるうえで役に立つ。

ビジネスパーソンの世界で出世競争を否定してはいけない。出世競争は、会社や官庁のトップになることができる総合職の間だけでなされるわけではない。専門職や研究職、一般職の間でも、それぞれの枠内での出世競争がある。より上位の職に就くに従って、負わされる責任が増えるが、アクセスできる情報や権限、予算も拡大する。組織は上に行けば行くほど、自分のやりたい仕事ができる可能性が広がっている。

もっとも、「組織のトップにならなければ人生の意味はない」と考えているような人は、その可能性がないことを本人が認識した瞬間に「腑抜け」のようになってしまい、仕事にまじめに取り組まなくなる。露骨に口にすることは避けても、「出世が人生のすべて」と考えているビジネスパーソンは意外と多い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内